ADPOCKET小学館広告局

ログイン

広告掲載メディアの品質確保に関する基本方針
(ブランドセーフティ基本方針)

1 (目的)

本基本方針は、小学館(以下、「当社」といいます。)がインターネット広告市場の健全性を維持するため、およびブランド価値を重視する広告の掲載先としては不適切なページやコンテンツへの広告配信を避け、広告主のブランドを守り安全性を確保するために、広告掲載先となる当社が運営するサイト、コンテンツ、アプリケーション(以下、「当社サイト等」といいます。)について「一般社団法人デジタル広告品質認証機構(JICDAQ)」が定める「ブランドセーフティ認証基準」に従い、取り組んでいくべき事項を定めるものです。

2 (定義)

本基本方針において、「ブランドセーフティ」とは、当社サイト等の品質確保による広告主ブランドの安全性のことをいいます。

3 (当社サイト等の品質確保)

3.1 当社は、当社サイト等の品質を確保するため、次の各号のいずれかに該当する違法なコンテンツを当社サイト等から排除することに努めます。
① 犯罪を肯定したり、美化したりするなどして犯罪を助⾧しているもの
② 売春や児童ポルノなどの猥褻行為や違法な性表現に関するもの
③ 生命の死や暴力表現などの醜悪、残虐な表現で不快感を与えるもの
④ 詐欺行為や悪徳商法などの消費者等を騙すもの
⑤ ヘイトスピーチなどの差別や人権侵害をしているもの
⑥ 偽ブランド品の販売や海賊版サイトなどの商標権や著作権を侵害するもの
⑦ 危険ドラッグなどの違法薬物の販売やそれらを肯定するもの
⑧ その他違法、不当な内容または社会通念上好ましくない内容が含まれているもの

3.2 当社は、当社サイト等への広告の掲載により、広告主によってはブランド価値が毀損されるおそれがあることを理解し、ブランドセーフティのためJICDAQ の定める業務プロセスの基準を満たし認証を受けた「認証事業者」と協議のうえ、必要に応じて当社サイト等のうち一部特定サイト、及びコンテンツへの広告の掲載を除外することに努めます。

4 (対策)

当社は、当社サイト等の品質確保のために、以下の各項の対策を講じます。
① 本基本方針の整備・説明・通知
② 取引先に対する審査
③ 内部プロセス等の整備
④ 技術的な対策の導入および取引先に対する対策状況の確認
⑤ 規制当局や関係機関、民間団体等から提供される情報(*1)の利用および利用状況の確認
⑥ 第三者の機能の利用、補完の選択
⑦ 取引先が広告掲載先の状況を把握したい場合の合理的な協力

5 (合理的な協力)

当社は、取引先に対して、当社サイト等の品質に関して、対応状況等の情報を提供する場合があります。その場合、相手方の目的に応じて合理的かつ業務の安全な遂行に支障のない範囲で提供いたします。また、提供する情報の理解や取扱いを誤ることのないよう相手方に適切な説明を行うなど配慮します。

6 (本基本方針の改廃)

本基本方針は、社会情勢、市場環境などの変化を踏まえ、必要に応じて見直しを行っていきます。

*1 警察庁インターネット・ホットラインセンター(IHC)から提供される違法有害サイト情報や、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)から提供される著作権侵害サイト情報等。

株式会社小学館
2021 年11 月1 日(Ver.1.0)

クローズ